スペシャリストにスキルアップ

最短

1カ月

売上アップに貢献できる資格

健康悩み解消するための知識られます

近年、「温活」という言葉は多数のメディや企業などによりとてもポピュラーになりました。

美と健康の鍵として体温の大切さを意識している方が多くいる証しです。

しかし、どうして低体温や冷え性がいけないのか、どうやって体温を上げるのかという基礎的な情報はあまり見かけません。日本レホルム連盟の開設した通信教育講座では体温に特化した資格「体温管理士®」を取得することができます。

​家族の健康管理を始め知人や顧客に適切なアドバイスを行い、低体温の問題解消に向き合います。健康産業や美容産業に従事している方、リフレクソロジーやアロマテラピー、ファスティング、よもぎ蒸し、スポーツ施設、治療院、温浴施設などに携わっている方におすすめです。テキストで学び添削問題で合格すると「体温管理士®」として認定されます。

NPO法人認定資格
体温管理士®

NPO法人認定で信頼度のある

温活スペシャリストを証明できます。

通信教育講座なのでご自分のペースで学習可能!

意外と知られていない

体温がとっても大切!! ってこと

☑︎ なんとなく疲れてやる気がでない

☑︎ 頭痛や倦怠感、慢性疲労など

☑︎ 不眠や朝目覚めた時に身体がだるい

☑︎ 生理痛がひどく、体温は35度台と低め

36.0度〜37.0度

​細胞の新陳代謝が活発 → 肌もキレイ、免疫力が高く病気をしにくい

36.0度以下

​新陳代謝が活発でない→ 免疫力が低下、アレルギー症状が出やすくなる

原因は低体温かも!?

36度以下は低体温の可能性あり!!

35.0度以下

がん細胞の増殖が活発→ 肌のくすみ、自律神経失調症、様々な不調が現れる

低体温が怖い理由

低体温

体温が低くなると、血行が悪くなり、代謝や免疫力が低下するためウィルスやがん細胞が好む環境になります。

また、自律神経の乱れが起こるとさらに血行不良となり負のスパイラルに陥ってしまいます。

​スパイラルに陥ってしまうとそこからの出口がなかなか見出せなくなります。

しかし、現代人の生活は低体温の原因がいっぱい

☑︎ 化学調味料や食品添加物

☑︎ 運動不足やストレス

☑︎ エアコンの効きすぎ

☑︎ ​ダイエットや間違った情報での食事制限

☑︎ ​生活リズムの乱れ

☑︎ ​薬の服用依存

でも大丈夫!

体温管理士®講座で温活を学べば

理想の体温を実現して健康美を手に入れられます!

理想体温とは

以上

新陳代謝アップ

酵素が活性化

免疫力の向上

​体の器官が正常に働くために機能や化学反応が活性化するためには、36.5°以上の環境であることが大切です。

体温管理士受講方法

受講申し込み

テキスト

お届け

添削問題集

​回答を送付

​採点後返送

添削問題(全3回)の特典が各80点以上で合格となります。80点未満は再度回答用紙を送付しますので何度でもチャレンジ可能!

安心ポイント!

受講料:¥50,000+消費税

お支払方法:PayPal決済・ゆうちょ銀行振込

受講料に含まれるもの

・体温管理士テキスト全3巻

・添削問題集&回答用紙各3冊

・回答用紙封筒

・体温管理士資格認定証

​・体温管理士ピンバッチ

NPO法人認定資格
体温管理士®